2018年12月16日

水前寺公園 古今伝授の間

IMG_4664.jpgIMG_4663.jpgIMG_4669.jpgIMG_4670.jpgIMG_4685.jpgIMG_4674.jpg戦国時代に細川幽斎公が古今和歌集の奥義を智仁親王に伝授した建物を、大正元年に京都から この地に移築されたもの。

のちに親王は 桂離宮を創建されている。 このへやには 襖が五七の桐 奥の襖絵は海北友松の竹林の七賢人 火灯窓 茅葺の屋根など 興味深いものがあり お抹茶をいただきながら ゆっくりするのも一興。

昔 幕府に献上した 加勢以多かせいたをお菓子の香梅が再現、杏餡が甘酸っぱくて美味しい。
posted by 藍木野 at 21:37| Comment(0) | スタッフ永野の展示会便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: