2018年12月16日

熊本水前寺公園 成趣園

IMG_4628.jpgIMG_4635.jpgIMG_4637.jpg細川氏庭園

湧くからに 流るるからに 春の水

と、漱石が詠んだ水清らな回遊式公園は東海道五十三次を模したとされてます。
手入れが届いた公園には カモや鯉がいっぱいです。

神社には 細川初代藩主 忠利公が愛でた五葉の松が 400年余り経った今も見事な枝ぶりを見せてます。
posted by 藍木野 at 21:22| Comment(0) | スタッフ永野の展示会便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: