2017年05月30日

札幌大通り公園

写真.JPG札幌といえば大通り公園。ライラック祭りが終わったばかりですが 夕暮れの公園にはほんのり浮かぶように咲いてます。
九州と同じくらい暑くて日も長い今日でした。

たくさんのひとがベンチに座り憩いのひとときを過ごされてます。

今日泊まるホテルを見つけられず、一時間あまり探して一万歩も歩いてました。
posted by 藍木野 at 21:03| Comment(0) | スタッフ永野の展示会便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月28日

梅仕事

写真.JPG今年もきれいな梅がたくさん届きました。

梅ぼしと梅ジュースを作ります。

前のはとてもよく出来、娘から また お願いと言われましたが、さあ、どうかな? 決まらないのが私ですから。努力はします。

梅仕事は出張の合間になります。

六月一日から 札幌東急です。

札幌は今、ライラックやニセアカシアの花が咲いているのでしょうか?

二度目の札幌

札幌のみなさまとの出会いを楽しみにしてます。
posted by 藍木野 at 19:10| Comment(0) | スタッフ永野の展示会便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月24日

秋篠寺

写真.JPG今は春もみじがきれいですよ。と バス停で話しかけてこられたかたが。

あなた、九州でしょ?

私はよく言われますが、よっぽど訛りがあるのでしょうか?

知らぬは自分だけ?

秋篠寺はきちんとした感じです。

屋根の形が優美、日本人の美意識はいいなあ。

昔々から こんなにすてきな感覚を持った日本人 !

この中にあの有名な伎芸天
が。惚れぽれします。しばらく ぼうっと見てましたが飽きることはありません。

清らかで 女性らしい優美な体つ
きは やさしさにあふれてます。

写真撮影は出来ませんでした。

般若寺も秋篠寺も浄瑠璃寺も 訪うひとがまばらで こころゆくまでゆっくりひとりで楽しめました。

ひとりもよし、ふたりも好き、大勢も楽しめる私 バンザイ!
posted by 藍木野 at 19:33| Comment(0) | スタッフ永野の展示会便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ならさかの いしのほとけの

写真.JPG会津八一のこの歌と出会ったときは
なんてすてきな ひびきとことばなんだろう この歌の場所はと探したら 会津八一は奈良が大好きで たくさんの歌があります。

ならさかの いしのほとけの おとがいに こさめながるる はるはきにけり

奈良坂でバスを降り 般若寺迄歩きました。

コスモスのお寺といわれてます。

春にさくコスモス 矢車草 梅花ウツギ

お寺のあちこちに句碑や歌碑があり 文人に愛されたお寺のようです。

八一の歌碑は法隆寺や秋篠寺 奈良には二十あるようで尋ねる旅もいいな。
八一のうたは 全部 ひらがなで表記されてます。

三十年も八一のこと調べてかたちにしたいという新潟のかたとここで出会いました。

八一の日本語の美しさ 日本人の心の、精神の美しさを伝えていかなくてはと熱く語られました。

そして、メディアは ほんとうのものたいせつなことを伝えてほしいと。視聴率を気にせずできるのはNHKですよね。もしかしたら でるかもと 楽しみにしてます。
posted by 藍木野 at 18:15| Comment(0) | スタッフ永野の展示会便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この世からあの世を

写真.JPG昔のひとは池をはさんで 向こうにみえる九体仏がある庫裏を拝んだそうです。

浄瑠璃とはこの世も清らかで瑠璃色にかがやいているという意味があるそうで 池のほとりには美しい花が咲いていました。
posted by 藍木野 at 17:45| Comment(0) | スタッフ永野の展示会便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

浄瑠璃寺

写真.JPG街中を離れバスはだんだん山里へ向かいます。

乗ってるひともまばら。

今から五十年思い続けてたお寺に行くのだと思うと 胸があつくなり 涙さえ浮かんてきます。

高校のとき 教科書にあった 堀辰雄の浄瑠璃寺の春という エッセイのなかで の描写が忘れられません。

第二の自然 あしびの花、

終点のバス停から、畑中の小道の先には 普通の民家のような山門もゆかしく 野の花々が迎えてくれました…

ついに来たのだと 嬉しく涙が!

私はここに来た!
posted by 藍木野 at 17:34| Comment(0) | スタッフ永野の展示会便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月23日

浜松Sさま、Mさま

写真.JPGお会いしたいと思ってたおふたりとお会いできて ゆっくり お話も出来て 浜松に来てほんとにうれしくほっとしました。

これからも 藍木野 楽しんでください。

ありがとうございました。

前の前の写真の器は小鹿田焼のお皿です。
posted by 藍木野 at 09:49| Comment(0) | スタッフ永野の展示会便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

花森家具浜松店の場所

写真.JPG浜松市佐藤三丁目37 ー3

バスで行くと 浜松駅前十番乗り場から乗り 佐藤三丁目で下車して 信号をたこまんを右に見て渡り
福間クリニック 次に 動物病院、その隣です。

料金は170円です。
posted by 藍木野 at 09:31| Comment(0) | スタッフ永野の展示会便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

松本民藝家具店二階

写真.JPGこんなとこに住んでみたいな。

終の住処に!
posted by 藍木野 at 09:23| Comment(0) | スタッフ永野の展示会便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

浜松花森家具店で

写真.JPGただいま、花森家具浜松店で藍木野展です。

遠鉄アートサロン閉鎖で 浜松のお客様には お別れのご挨拶すら出来ないままでしたので とても心苦しく寂しい気持ちでいました。お会いできるかたがいらしたら、と思い密かに潜入?したのですが、インターネットで見たかたが見えてました。

偶然 昨年 心衣展のとき 白ボーダーのワンピースを試着されたかたでした。一年間待ってましたと、ゼクウでいつもご覧になってて 笠仙さんの浴衣の楓柄の買われたそうで 昨夏 とても心地よかったと話されました。

松本民藝家具に囲まれて 落ち着く空間のなかで藍木野の服があちこちに。

ゆったりできます。

浜松のみなさま、どうぞ ゆっくり 楽しみにいらしてください。

28日迄です。

優しいスタッフのかたがいらっしゃいます。

併せて砥部の焼き物も展示されてます。
posted by 藍木野 at 09:13| Comment(0) | スタッフ永野の展示会便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月19日

ようこそ、いらっしゃいました。

写真.JPG夕方 また 薔薇園で一休みして戻ってきたら、お久しぶりのTさまが娘さんと見えてました。

あなたいないなら、帰ろうかなとしてたとこよ。

ずっと デパートのようなきらきらしてるとこには来たくなかったとのこと。

今度は 行ってみようかな、の気分になられよかったです。

白絣の私を見て この夏は白もいいかな。

井筒屋のK氏 十年来顔見知り,初めて私に 今日のワンピース姿、すてきですねって。
いつも ダークな色なので白は新鮮だったんでしょう。

ほめられた?のに ふたりで笑ってしまいました。
ちなみに 辛口長女は雪だるまみたいとこちらも笑いましたが 着ててさらりとした肌ざわりはこれからの時候 気持ちいいです。
posted by 藍木野 at 23:16| Comment(0) | スタッフ永野の展示会便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

八幡のKさま

写真.JPG一月に小倉の展示会にお見えにならなくて どうかなさったのかなあと心配してました。
今日 お元気な姿を見せてくださって 嬉しかったです。

いろいろありますね。
千鳥格子のビッグワンピース とても涼やか!

昨年お買い上げの茶の井桁のワンピース 永野推薦でしたが、そこまではと思いながら 旅行に着て行ったら、まわりのかたに それ すてきと言われて 今では よかったと感謝されて、 私もほっとして嬉しいです。

いつも 藍木野の服、楽しんでいただき、ありがとうございます。

今日はとてもいい一日でした。

次々に大きなよろこびが押し寄せてきましたから。
posted by 藍木野 at 10:19| Comment(0) | スタッフ永野の展示会便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月18日

屋上薔薇園

写真.JPG井筒屋の屋上は今、ばらの花がとりどりに咲いてます。

休み時間にちょっとだけ、ばらの風に吹かれてきます。

それぞれに名前があるのですが、見てるときは あら すてきと思って写真とるのですが、すぐに忘れてます。

オレンジ色の薔薇 淡いピンクの薔薇 うす紫の薔薇 小さいのや大輪のと 薔薇はどれもきれい! 香りくる薔薇の花の中にいる幸福!

教会の前にあった言葉。

今日は良い日ではなかったかもしれない。
でも 何かひとつはよいことがある。

ほんとうに幸福な日というのは、小さな喜びが次々にくる日のことだと思うわ! と、これは赤毛のアンの言葉です。

そんなことを思いながら そぞろ歩いてました。
posted by 藍木野 at 09:04| Comment(0) | スタッフ永野の展示会便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月17日

小倉井筒屋

写真.JPG今日17日から23日まで 六階メッセージスタジオで藍木野展です。

いつもの倍の広さで ゆっくりしてます。

どえぞ お遊びにいらしてください。
posted by 藍木野 at 14:10| Comment(0) | スタッフ永野の展示会便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月13日

百寺巡礼

写真.JPG五木寛之氏の百寺巡礼のテレビ放送を偶然見たら 浄瑠璃寺でした。

昔々、和辻哲郎の大和古寺巡礼を読んだ時から ずっと 気になってたお寺です。

そのお寺の自然な佇まい 御仏の優しいお顔にお会いしたくなります。

池を挟んでこの世と浄土を表しているという その 都から離れたお寺にいつかはと。

長谷寺 室生寺 唐招提寺 薬師寺 白毫寺 奈良や京都、高野山 龍潭寺
これからも行くところお寺に神社 教会 巡礼します。

先日 本屋で寂聴さんの仏像尋ねる本見かけました。

わかりやすくて楽しい本! 明日買いに行こうかな。
posted by 藍木野 at 21:13| Comment(0) | スタッフ永野の展示会便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月12日

夏は来ぬ

写真.JPG 汗ばむようになりました。

そろそろ 白絣もいいかなとだしてみました。

フリルワンピースも 上から羽織ればいいですね。

藍木野のワンピースに合う薄手のは織物がほしいとの要望をあちこちで聞いてますが、やがてできるのではと 楽しみにしてます。
posted by 藍木野 at 10:16| Comment(0) | スタッフ永野の展示会便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月07日

初夏の贈り物

写真.JPG立派な立派な西瓜が二個も届きました。

西瓜大好き、永野一族です。

この大きな西瓜をみんなでいただきました。

ちょうど食べごろ、どこをたべても甘くて みんなニコニコほおばります。おとなもこどもも、みんな大喜び。

丹精込めて育てた西瓜も 一瞬のうちになくなります。

Sさん、ありがとうございます。ごちそうさま。


posted by 藍木野 at 21:08| Comment(0) | スタッフ永野の展示会便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

やまなみ夢広場

写真.JPG五月四日 渋滞のなか阿蘇へ。今はミルクロードしか通ることができません。

猿回し劇場で かわいくて賢いお猿さんたちを楽しんだあと 娘、絶賛の産山村のうどん屋さん、やまなみ夢広場を目指しますが、中々 行き着きません。

お昼ごはんの予定が 夕食になりました。
夕方5時、霧が流れる産山にやっと着きました。

孫、来た甲斐があった、最高に美味しいと三度も言ってます。

高菜めし 地鶏のうどん ほどよいふるさとの味、ほんとに美味しいです。

自家製の生姜の味噌漬け 絶品です。

また 来たいお店になりました。

帰りも3時間かかり 家に着いたのは夜9時 さすがに疲れ 娘に疲れたね、と 言ったら怒られました。運転してないひとは疲れたはないでしょ。

はい、ご苦労さま、とは言いつつ 楽しかったね。と 娘のひとこと。

阿蘇は今観光客が減って大変、の 阿蘇の友人の言葉に、少しでもと 復興支援、貧者の一灯でした。
posted by 藍木野 at 17:12| Comment(0) | スタッフ永野の展示会便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

熊本城

写真.JPG連休明けにはお城にシートが掛けられてしまいます。

完全復旧には二十年かかるそうで、もう見れるかどうか?!

見納めに行くことに。いつもそこにあり 行くとほっとする熊本城です。

あちこち傷んでますが やっぱりそこにありました。
posted by 藍木野 at 14:38| Comment(0) | スタッフ永野の展示会便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月03日

五月

写真.JPG青葉若葉のさわやかな五月です。
日傘をさして白い靴はいて、五月の風のなかを歩きました。

絣がここちよい季節です。

クラスメイト五人で 田原坂公園へ。

ここであの西南の役の戦いがあったのだとは思えない のどかな田園風景です。

蓮田善明の歌碑があるはずと友人が探してますが、その人のことを知らず、調べてみて驚くことばかり! 三島由紀夫に影響与えたこと、ここ植木出身の国学者で,南方に大尉として戦地に赴きそのときの歌、

ふるさとの 駅におりたち 眺めたる かの薄紅葉 忘らえなくに

まだまだ知らないことばかりです。

この歌は何も知らなくても 紅葉の色にふるさと思う気持ちが燃えるように伝わります。



posted by 藍木野 at 00:22| Comment(0) | スタッフ永野の展示会便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする